• ホーム
  • タミフルが効かないなら医療機関で注射という方法も

タミフルが効かないなら医療機関で注射という方法も

タミフルはインフルエンザに効果があるとされている薬です。
具体的にはインフルエンザによる発熱や咳の症状を和らげ、インフルエンザである期間を短縮する効果があります。
タミフルはインフルエンザの症状が出てから二日以内に飲む事が理想とされていますから、症状が出てから手に入れるのではなく、家に常備しておくと安心です。
自分で購入することも出来ますし、医師に処方してもらう方法もあります。
適切な用量や用法を知るためにも医者の指示のもと服用する事が望ましいですが、家に常備する場合は自分で購入する必要もありますから、その場合は正しい利用を心がけることが大事です。

タミフルの効果には個人差がありますし、年齢によっても差が出る可能性があるものです。
効果が実感できない時や、子供に服用させる事が心配な場合は、医療機関での注射による治療を行うようにしましょう。
インフルエンザに対する処置に関しては、医者が一番頼りになる存在であり、個人で行う対処に比べ治療において高い期待が持てます。
何より医者の治療を受ける事は大きな安心感を得る事ができ、精神的安定を図ることができます。
インフルエンザは高熱が出やすく、症状が重い場合が多いですから特に子供の場合は不安になることも多いはずです。
そんな不安を取り除いてあげるためにも、また、自分自身の不安をなくすためにも、子供をお持ちの親御さんには医療機関での注射をお勧めします。
症状が出てからの治療も大事なことですが、事前の予防も同じくらい重要なことです。
症状が出てから苦しむことがないように、予防接種は毎年受けるようにしてください。
インフルエンザの予防接種は効果が高いですから、発症の可能性を大幅に下げることができるはずです。